スポンサーリンク

白色申告でもどんぶり勘定は今すぐやめろ!怪しい数字はバレている

白色申告確定申告準備

確定申告をしないといけないけど、きっちり売上や経費を計算するのは面倒だな…

自分は白色申告だし少々どんぶり勘定になってもいいよね?

 

と思っている人。

実際に何年もそれで白色申告をしてきている人。

 

結論から言えば大問題です!

白色でも青色でも確定申告は正しく計算しないといろんなリスクを抱えることになりますよ。

 

ちょっと不安になった方のために、この記事では

  • どんぶり勘定の確定申告が抱えるリスク
  • 税務署が目を付けやすい売上や経費のごまかし方
  • どんぶり勘定をやめてしっかり帳簿管理をするために

この3点についてまとめてみました。

 

ペンギンくん
ペンギンくん

どんぶり勘定ってどういうこと?

bonobo-no
bonobo-no

大まかに言うと、大まかな数字の把握しかしてないってことだよ。

 

 

スポンサーリンク

どんぶり勘定で確定申告をするとどうなるのか

たとえ適当な数字を書いて確定申告を提出しても、すぐには税務調査にはなりません。

よほどおかしな数字があれば別かもしれませんが…。

 

税務調査に入るとしても数年経過してからの方が多いようです。

「確定申告を提出して1年間何もなかったからあれでよかったんだ!」

という訳ではないんですね。

 

そしてあるとき税務調査の連絡が入ります。

税務官が実際に申告の基になった資料を見て不備があると質問をしてきます。

そこでうまく説明できないと追徴課税と言って税金を取られることになります。

 

追加で納めるべき税金は延滞税加算税などがあり、悪質な場合はさらに重加算税という罰金的な税金まで取られることになります。

特に売上を故意に抜いてほどほどの金額に調整していたり、事業と関係のない出費までなんでもかんでも経費にしていた場合などは要注意です。

 

修正すべき確定申告は直近のものから3年分くらい遡って指摘されることが多いようです。

もちろん悪質な行為が見つかれば、3年以上遡って修正するように言われることもあります。

何年分もまとめて税金を払うのはそれだけでかなりの出費になってしまいますね。

 

また、税務官に

「この人はマークしておく必要がある」

と思われてしまうと税務調査が定期的に入るようになる可能性もあります。

ただでさえ嫌な税務調査が頻繁に来るなんて想像もしたくないですよね…

 

 

ペンギンくん
ペンギンくん

税務調査って絶対追加で税金取られるの?

bonobo-no
bonobo-no

いや、絶対じゃないよ。

数字が少々間違っていても、指導に留めてくれるパターンもあるよ。

 

税務署が目を付けやすいポイント

税務調査に入る可能性は

 

白色申告より青色申告の方

赤字の人より黒字の人

 

というイメージがあるかもしれません。

 

しかし、税務調査に入るのは「青色申告・白色申告・赤字・黒字」などの要素はあまり関係ないようです。

税務調査の対象者は完全にランダムという訳でもないようですが。

数年ごとに税務調査に入らなければいけない、というようなざっくりとしたルールくらいはあるようです。

 

…ただ、あまりはっきりとはしないのが実情です。

「税務調査に入られないような対策」というのは難しいので、やはりいつ調査になってもいいように準備しておくしかありません。

 

税務官はプロです。

申告書の数字を見れば、「怪しい数字」というのはやっぱりバレます。

 

税務官は過去様々な人の確定申告書のデータや経験の蓄積から、個人事業主の業種や仕事内容ごとに不備が多い点をよく押さえていますよ。

確定申告をしている人なら誰でも税務調査に入られる可能性はあるということは知っておきましょう!

 

 

ペンギンくん
ペンギンくん

税務署来るな~税務署来るな~…

念ずれば思いは通ず!

bonobo-no
bonobo-no

祈る前にできることはやっておこうね。

 

そうは言っても日々の帳簿付けが大変!

今年どんぶり勘定で申告をしようとしているなら、まずは正しい帳簿作りに挑戦してみましょう!

2014年までは白色申告では帳簿の備え付けは必須ではありませんでしたが、今は白色申告でも帳簿の作成と保存義務があります。

 

自分には帳簿の知識はないし、今から勉強して資料を作るとしてもどれくらいの時間がかかることやら…

 

と思うかもしれませんが、今は会計ソフトを使うことで簡単に帳簿を作成することができます。

とにかく今年は白色申告の帳簿を早く作りたい!という人ならやよいの白色申告オンラインが便利です。

こちらはこれから主流になるであろうクラウド型の会計ソフトで、白色申告での利用なら利用料がずっと無料なのが特徴です。

青色申告用にステップアップしたい!というときでも白色申告のデータを引き継ぐことができるので乗り換えの手間もありません。

 

自分でエクセルを使って売上や経費を集計してもいいのですが、それよりは会計ソフトを使った方が早く簡単に申告の準備をすることができますし。

 

…とはいえ会計ソフトってハードルが高そうですよね。

その一歩引いてしまう原因は、

  • 操作が難しそう
  • 料金がそこそこしそう

ということではないでしょうか?

 

会計ソフトはいろんな種類がありますが、自分に合ったものなんてすぐにはわかりません。

料金だって様々です。

そのため最初の一歩として、無料で試せるやよいの白色申告オンラインはもってこいだと思いますよ!

 

やよいの白色申告オンラインのレビューも書いてみましたので参考までに↓

 

ペンギンくん
ペンギンくん

タダなら考えてみようかな…

bonobo-no
bonobo-no

大体の会計ソフトはお試し期間があるからね。

他のソフトを触ってみても面白いよ!

 

まとめ

この記事のまとめです。

 

・どんぶり勘定の確定申告が抱えるリスク
  → 追徴課税、税務署に目を付けられる

・税務署が目を付けやすい売上や経費のごまかし方
  → やりやすい手段は税務署もよく把握している

・どんぶり勘定をやめてしっかり帳簿管理をするために
  → 会計ソフトを使って帳簿を作成

 

ということでしたが、奥の手としていっそのこと税理士に確定申告を丸投げするのもアリです。

>>丸投げ確定申告OK!SHARESのサイト

 

もちろん料金は掛かりますが、自分で確定申告をするより精度が高い申告書を作ることができます。

どうしても本業が忙しくて時間が取れない!という人は丸投げしてしまうのも手です。

 

もちろん自分で多少の手間をかけて申告書を作成する方が勉強にもなるのでおすすめです。

事業の拡大・安定のために最低限の会計の知識は必要ですので、なるべく自力でやってみましょう!

コメント