スポンサーリンク

開業0年~1年目の個人事業主が読むべきおすすめの本【税金について】

個人事業主におすすめの本確定申告準備

個人事業主になったけど経理関係のことがよくわからない。
脱サラを考えているけど、個人事業主の税金のイメージがつかめずに不安…。

ということで、個人事業主になってまだ1年目の人、またはこれから開業しようと思っている個人事業主「0年目」の人向けの記事です。

個人事業主向けの本は数多くありますが、今回は「税金」といった切り口で絞ってまとめてみました。

自分の売りたい商品やサービスを磨いて立派な「武器」にするなら、それに見合う自分のお金を守り抜く「防具=税金についての知識」も必要です。

最初からしっかりした防具があれば、とりあえず開業という旅立ちの不安は減りますよね。

 

売上について考えるのは好きだけど、お金や数字のことは苦手で…

という人でも大丈夫です。

まずは今回紹介する本をチェックしてみてください!

 

この記事を読むと以下の3点が分かります。

  • 個人事業主の税金全般についてを知るためにおすすめの本
  • 個人事業主の気になる経費関係を中心に知るためにおすすめの本
  • 個人事業主には必須のクラウド会計ソフト+確定申告について知る本

それではさっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

個人事業主の税金全般についてを知るためにおすすめの本

フリーランスを代表して 申告と節税について教わってきました。

個人事業主・フリーランスとして開業したばかりで、確定申告や税金についてぜんぜんわからない!

という人はまずこの本です。

 

個人事業主が気になる確定申告や税金の考え方について、スッキリ理解することができます。

初版は2005年とやや古い本ですが、いまだに多くの人が支持している人気の本でもあります。

イラストや4コマ漫画で読みやすい構成にもなっているため、個人事業主の入門書としてかなりおすすめの一冊です。

個人事業主の気になる経費関係を中心に知るためにおすすめの本

経費で落ちるレシート・落ちないレシート

税金とは切っても切れない関係の「経費」について。

税理士とフリーランスの二人の会話を通して、どういったものが経費で落ちるのかわかりやすく書かれています。

いろいろな場面の例を示して解説されており、内容もかなりしっかりとしたものになっています。

個人事業を始めた初期のころは、経費について悩む時間が多くなりがちです。

そんなときにこの本があるとパッと調べることができて便利ですね。

 

これは私の個人的な意見ですが、「経費になるかどうか」という知識は開業というスタートラインに立つ前に知っておいた方がいいです。

もちろん会社を経営している社長という立場でも、経費に関する知識の薄い人も正直います。

しかし、そんな社長には必ずしっかりした奥さんが付いていて経理を見ています。

 

経費の知識無くして事業は大きくできない、ということの実証ですね。

個人事業主には必須のクラウド会計ソフト+確定申告について知る本

スマホでかんたん確定申告 ~青色申告をラクに済ませるfreeeの使い方から節税のコツまで

確定申告を簡単に自動化してラクする本 2018年版MFクラウド確定申告公式ガイド

↑MFクラウドは、今はマネーフォワードクラウドという名前へ変更になっています。

個人事業主・フリーランスのための青色申告 平成30年3月15日締切分 無料で使える! やよいの青色申告オンライン対応 (アスキームック)

3冊ありますが、どれか1冊でOKです。

確定申告をすることで自分が払う税金の額が決まるため、最低限の理解はしておきたいところです。

個人事業として食べていけるくらいを目指すのなら、会計ソフトは必須です。

この3冊の本は、クラウド型会計ソフトのシェアの上位を占めるマネーフォワードクラウド・freee・やよいの青色申告オンラインのそれぞれの会社から出版されています。

どの本も クラウド型会計ソフトの使い方+確定申告について という内容になっています。

もちろん本を買わなくても、ソフトの使い方ならオンラインにマニュアルやヘルプがあるので調べればだいたいわかります。

しかし、操作に困ったときにいちいち検索するより手元に紙で解説があった方がいい!という私のような人はどれか1冊買っておくのが良いのではないかと。

確定申告書の書き方や仕組み、オトクな青色申告についてなどの情報もカバーしていますので、「青色申告のやり方について」などの本を別で買う必要もありません。

どの会計ソフトがいいか?については別記事で紹介しています↓

まとめ

知識がほぼゼロの分野のことを調べる方法はいろいろありますが、私は情報が整理されている「本」が最初は一番いいかなと思っています。

ネット上にも同じような情報は転がっていますが、探すときはどうしても断片的になってしまいますし、たまに間違った情報も混ざっています。

本なら出版のGOサインが出るまでに何度も内容のチェックが入りますし、誰が書いたのかという作者もはっきりわかるため、ある程度情報も精査されています。

そのためまずはベースとなる知識を本から学び、足りない情報をネットなんかで探すのがいいんじゃないかな、と。

 

ちなみにですが、こういった情報を集めたり勉強するための本は100%経費になりますよ。

たとえ読んだ内容が役に立たなくても、経費という形では役に立ってくれます(笑)

 

今回紹介した本以外にも、今の自分に必要そうな本を見つけたらどんどん読んでみてくださいね!

コメント