白色申告は楽じゃない!?青色申告より簡単じゃないの?

白色申告は楽じゃない青色・白色申告

白色申告って楽そうだよね。

青色申告は控除があるみたいだけど、届を出したり必要な書類が多かったりで面倒っぽいし…。

そんなに大きく税金が変わらないなら白色申告の方でいいかな~?

 

今現在白色申告をしている人。

これから個人で事業を始めようとしている人。

 

なんとなく「白色申告は楽そう」というイメージがあるかもしれませんが、実は青色申告と比べてもかかる手間は同じくらいです。

ちょっと前までは確かに楽だったんですけどね。

 

白色申告の昔と今で変わったことは何か?

今白色申告を選ぶことのメリットは何か?

 

ちょっと調べてみましたよ。

 

ペンギンくん
ペンギンくん

白色と青色。少しでも楽な方を選びたいです。

bonobo-no
ぼのぼーの

楽も大事だけど、得も大事だよ。

[ad]

白色申告の昔と今で変わったこと

白色申告は2014年まで、「収入ー経費➔300万円以下の所得」なら帳簿を付けたり領収書を保管したりする義務がありませんでした。

そのため収入や経費を調整して所得を300万円以下にしてしまうという方法がまかり通っていました。

 

ペンギンくん
ペンギンくん

帳簿も領収書もなかったらなんでもありじゃないの!?

bonobo-no
ぼのぼーの

まったくだね。簡易的な方法としてもちょっとやりすぎのような気がするね~。

 

たとえ税務調査に入られても、領収書が保管されていなければその実態は分かりません。

申告書の数字をごまかしていたとしても、確かめるすべがなかったんですね。

 

でもさすがにそろそろこれはマズイとなったのでしょう。

2014年からは、白色申告でも青色申告と同じように、帳簿を備えたり領収書を保管したりといったことが義務となりました。

 

そのため今は白色申告でも数字を操作することは難しくなりました。

準備の手間も青色申告の場合とほとんど同じくらいになってきましたね。

[ad]

白色申告だけのメリットとは

青色申告は控除があったりしてお得だと聞いたことがあるかもしれません。

では、白色申告にしかないメリットは何かないのでしょうか?

 

領収書や帳簿が不要という多大なメリットはなくなってしまいましたが、他にまだ残っている白色申告のメリットがあるはず…!

 

…あれ。

 

…うーん…

 

ちょっと調べてみましたが、残念ながら白色申告だけのメリットは特になさそうです…。

強いて言えば、青色申告のように事前に届け出を提出したりする手間がないことくらいでしょうか。

 

ちなみに青色申告のメリットは以下の通りです。

  • 青色申告の特別控除10万円or65万円
  • 家族に支払った給料が経費にできる
  • 貸倒引当金の計上ができる
  • 赤字の年の損失を次の年へ繰り越しができる
  • 30万円未満の固定資産は一括で経費にできる

­

ちょっと専門用語が並びますが、要は「税金を少なくするための手段が5つもある」ということです。

 

これは…比較するまでもなく青色の方がいいですね。

現在白色申告のメリットはとくになし、という結論です。

 

ペンギンくん
ペンギンくん

なんかさみしい結論…

bonobo-no
ぼのぼーの

これから事業をするならほぼ青色一択ってことだね。

[ad]

白色申告→青色申告は難しくない!

白色申告の人が青色申告にするためには、以下の書類を税務署に提出する必要があります。

  • 青色申告の届け出
  • 開業届(まだ出していなければ)
すでに事業を始めていて、今年白色申告をするしかない人は、今すぐ税務署で用紙をもらうか、Webからダウンロードして準備しましょう。

 

もしくは手っ取り早く作るなら開業freeeが便利かもしれません。

開業freeeは無料で青色申告の届け出と開業届が作成できるサービスです。

 

そして準備した書類を3月15日までに提出すれば、翌年の確定申告から青色申告をすることができます。

 

あとはしっかり基本は守りましょう。

  • 帳簿付けを行う
  • 領収書の保存をしておく
  • 申告期限は必ず守る

もしきちんとできていないと、青色申告の承認の取り消しをくらう可能性が高いです。

 

bonobo-no
ぼのぼーの

青色申告になったらずっと青色のままでいないとね。

申告に必要な帳簿は自分でも作れるの?楽する方法は?

面倒なイメージの帳簿付けですが、エクセルなんかでも作れます。

基本的には何月何日に「どんな買い物をした」「入金があった」などを記入していけばOKです。

複雑な計算はないので、そんなに難しくはないですよ。

 
ただ、事業を安定・拡大させていくなら会計ソフトを使ってみましょう。
日々の取引が多くなると、エクセル手入力での管理では大変になってきます。
会計ソフトはエクセルより、
「時短・精度高い・申告までできる」
と便利な部分が多いので、効率化のためにも会計ソフトの導入は必須と言えます。
 

また、「どうしても自分で帳簿を付けたりしたくない!」という人は税理士に丸投げしてしまうのもアリです。

面倒な作業を税理士に依頼することで、自分は本業に専念することができます。
 
日々の帳簿整理や確定申告の書類作りは大きな手間がかかる作業です。
特に慣れてない人が一から確定申告の書類準備をするとなると、3日から一週間という膨大な時間がかかるという調査結果もあります…。
 
確定申告を税理士に依頼することで、その分の時間を売上獲得のために使うことができますよ。
>>丸投げ依頼もOK!税理士ドットコムで税理士を探してみる
 
ペンギンくん
ペンギンくん

心配な税理士への報酬料金だけど、見積もりは何人でも取り寄せOKだからね。思ったより安い料金で依頼できるとか…。

 

[ad]

まとめ

いろいろ書いてきましたが、今年白色申告の人は、一度青色申告を検討してみましょう。

白色申告の大きなメリットがない今、白色申告にこだわる必要はありません。

 

青色の届は一度だけ出せばOKです。

今年の確定申告をするときに、合わせて青色申告の届も出しておきましょう!

 

ではでは。

コメント

無料でササッと見積もり比較!
税理士ドットコム