freee・マネーフォーワード・やよいを比較!どれを選べばいい?

会計ソフト比較freee

クラウド会計ソフト
いろいろあるけど…どれを選んだらいいかわからない!

という質問を、仕事柄よく耳にします。
会計ソフトって一見どれも同じように見えますが、実は使い勝手はかなり違うものなんですよ。

この記事ではクラウド会計ソフトの大手

  • freee
  • マネーフォワードクラウド
  • やよいの青色申告オンライン

この3社のそれぞれの特徴を比較しています。

「確定申告に全くの素人」か「ある程度分かる人」かで使うソフトは変わってきます。
自分にどのソフトが向いているか、しっかりチェックしてみてください!

ペンギンくん
ペンギンくん

会計ソフト、初めて使うからよくわかんないんだよね…

ぼのぼーの
ぼのぼーの

うん、そんな人でもわかりやすいように説明するから大丈夫だよ!

クラウド会計ソフト3社比較表

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
個人事業主
年間プラン料金
(税抜)
【スターター】
11,760円
【パーソナルミニ】
9,600円
【セルフプラン】
8,000円
(初年度無料)
【スタンダード】
23,760円
【パーソナル】
11,760円
【ベーシックプラン】
12,000円
(初年度6,000円)
【プレミアム】
39,800円
【パーソナルプラス】
35,760円
【トータルプラン】
20,000円
(初年度10,000円)
サポート

メール・チャットが主
電話はプレミアムのみ

メール・チャットが主
電話はパーソナルプラスのみ
メール・チャット・電話
すべてベーシック以上
対応金融機関
対応クレカ
対応電子マネー

その他サービス
との連携

×
請求書作成機能


無料


無料(一部制限あり)

×
(別途8,000円必要)
消費税申告×
アプリ対応
給与ソフトとの連携×

ということで項目を一つずつ見ていきましょう!

 

料金

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
個人事業主
年間プラン料金
(税抜)
【スターター】
11,760円
【パーソナルミニ】
9,600円
【セルフプラン】
8,000円
(初年度無料)
【スタンダード】
23,760円
【パーソナル】
11,760円
【ベーシックプラン】
12,000円
(初年度6,000円)
【プレミアム】
39,800円
【パーソナルプラス】
35,760円
【トータルプラン】
20,000円
(初年度10,000円)
安さで選ぶならやよいの青色申告オンライン!

料金面ではやよいの青色申告オンラインが一番安いですね。
セルフプランは初年度無料、その他のプランも初年度は半額。
freeeやマネーフォワードクラウドはおためし期間は多少あるものの、やよいの青色申告オンラインのような値引きはやっていません。

…とはいえ会計ソフトは料金以外の要素も大切です。
他にもいろいろあるので見ていきましょう!

ペンギンくん
ペンギンくん

どの会計ソフトも毎月1000円くらいはかかるイメージかな?

 

サポート体制

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
サポートメール・チャットが主
電話はプレミアムのみ
メール・チャットが主
電話はパーソナルプラスのみ

メール・チャット・電話
すべてベーシック以上

  • 電話サポートがどうしても必要ならやよいの青色申告オンライン
  • メール・チャットでOKならfreeeやマネーフォワードクラウド

サポートを比較するときのポイントとなるのが
「電話サポート」があるかないか。

freeeはプレミアムプラン(年額39,800円)、マネーフォワードクラウドはパーソナルプラスプラン(年額35,760円)という一番高いプランのみ電話サポートに対応しています。

やよいの青色申告オンラインはベーシックプラン(年額12,000円、初年度は6,000円)以上で電話サポートに対応!
なるべく安く電話サポートを受けたい場合はやよいの青色申告オンラインですね。

 

逆に、メールやチャットサポートはfreee・マネーフォワードクラウドの方が有利です。
やよいの青色申告オンラインは、一番安いセルフプランだとメールもチャットサポートもありませんので…。

ちなみにメールやチャットサポートでは画面のスクリーンショットを送ったりもできます。
うまく使うことができればほとんどの疑問は解決できるはずですよ。

ぼのぼーの
ぼのぼーの

タイピングが苦手とか、画面を見ながら電話で話したいとかなら電話サポートはあった方がいいね。

 

対応金融機関

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
対応金融機関
対応金融機関数に大きな差はなし

3社とも基本的にはネットバンキング対応口座ならOK。
やよいの青色申告オンラインが対応している金融機関の数は他社より若干少ないですが、大きな差はありません。

都市銀行、地方銀行、信用金庫、信用組合などなど
ネットバンキングに対応している金融機関ならほぼ大丈夫のはず。

念のため、無料おためし期間中に自分の口座が連携できるかどうか確認しておきましょう。

ペンギンくん
ペンギンくん

ネットバンキングは必須じゃないけど、あると無いとで会計の効率がかなり変わってくるからできれば準備しておきたいね。

 

対応クレジットカード

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
対応クレカ
各社とも対応クレジットカード数に大きな差はなし

3社とも基本的にはWeb明細対応クレジットカードなら連携OK!
各社で大きな差はありません。

一通りのクレジットカードはどの会計ソフトでも連携できるので、ここはあまり気にしなくてもいいかもしれませんね。

ぼのぼーの
ぼのぼーの

ちょっと前までは各社で差はあったけど、最近ではほとんど同じになってきたかな?

 

対応電子マネー

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
対応電子マネー
freee ・マネーフォワードクラウドならある程度OK

nanaco、Suica、ICOCA、楽天Edyなどなど。
freeeやマネーフォワードクラウドはそこそこの種類に対応していますが…
やよいの青色申告オンラインは対応数がちょっと少ないです。

ちなみに電子マネーといえばのPaypay。
使っている人も多いと思いますが、今のところPaypayが連携できる会計ソフトはありません…。

このあたりは早期対応をお願いしたいですね。

ペンギンくん
ペンギンくん

やよいはもう少し電子マネー対応をがんばってほしい!

 

その他サービスとの連携

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
その他サービスとの
連携
×
やよいの青色申告オンラインはその他サービスに対応していない

Pitapa、BASE、Amazon(出品)、ASKUL、Yahoo!ショッピング、楽天市場
などなどネット上の様々なサービス。

加えてAirレジなどのレジアプリ。

この辺りの連携に強いのはfreeeとマネーフォワードクラウド。
やよいの青色申告オンラインはこれらのサービスに全く対応していません…。

ネット上サービスでたくさん売買をしている人や、店頭でレジアプリを使っている人はその売買データが会計ソフトに連携できるかどうか確認を。

ぼのぼーの
ぼのぼーの

レジが会計ソフトと連携できるとかなり便利!

売上の把握と記帳が同時にできるからね。

 

請求書作成機能

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
請求書作成機能


無料


無料(一部制限あり)

×
(別途8,000円必要)
freeeは全プランで請求書作成機能に対応
 
【freee】
全プランで請求書作成に対応。
プランの違いによる機能の制限などはありません。
アプリからでも請求書が作成できるのは嬉しいポイント。
 

【マネーフォワードクラウド】
こちらも全プランで対応しているものの…
パーソナルミニプランでは取引先数の登録上限が15件までといった制限があります。
なお、パーソナルプランからは上限無く請求書作成機能を使うことができます。

 

【やよいの青色申告オンライン】
請求書作成機能はありません。
代わりにMisoca(ミソカ)という外部の請求書作成サービスと連携ができます。
ただこちらは月額800円、年額8,000円という料金が必要です。
ペンギンくん
ペンギンくん

ちなみにfreeeやマネーフォワードクラウドには、作成した請求書の郵送までしてくれるオプションもあるよ!

 
請求書の発行まではできたけど、その入金がないと次の売上に向けての動きが取れない…
お金が入ればすぐ動けるのに!

というように資金繰りが大変な場合はフリーナンスが便利かもしれません。
請求書の代金をすぐに現金化してくれるので、資金繰り問題を助けてくれます。

 

消費税申告はできるか

年間売上高が1000万円を超えてくると、消費税の申告・納税が必要になってきます。

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
消費税申告×
やよいの青色申告オンラインは全プランで消費税申告機能に対応

 

【freee】
スタンダードプラン以上で消費税申告ができます。
スタータープランでは残念ながら対応していません。

 

【マネーフォワードクラウド】
パーソナルプラン以上で消費税集計までが可能です。
あくまで集計までなので、直接申告まではできません…。

 

【やよいの青色申告オンライン】
プランに関係なく消費税申告ができます。
消費税を納める必要が出てきても、プランを変更することなく対応できるのは〇。

ペンギンくん
ペンギンくん

年間売上1000万円未満なら消費税の申告義務はないから、ここはあまり気にしなくてもいいかも。

 

アプリ対応

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
アプリ対応
アプリでできることは各社大きな差はなし

各社アプリには対応しています。
対応していますが…ブラウザ版と比べると使える機能はかなり限られます。

freee、マネーフォワードクラウド、やよいの青色申告オンライン
それぞれのアプリでは主に仕訳入力をすることができます。
出先で発生した交通費の入力などがすぐに行えるのは便利ですね。

ただ、仕訳入力以外の他の機能はまだあまり充実していません。
今後のアップデートに期待です!

ぼのぼーの
ぼのぼーの

アプリの機能は3社ともまだまだ。

伸びしろが楽しみな部分だね。

 

給与ソフトとの連動

 freeeマネーフォワード
クラウド
やよいの青色申告
オンライン
給与ソフトとの連携×
給与計算も連携させたい場合はfreeeかマネーフォワードクラウド

 

【freee】
外部サービスの人事労務freeeと連携させることができます。

 

【マネーフォワードクラウド】
外部サービスのマネーフォワードクラウド給与と連携させることができます。

 

【やよいの青色申告オンライン】
やよいの給与明細オンラインなど、いくつか関連ソフトはあるのですが…
今のところ直接データを連携させることはできないようです。

ペンギンくん
ペンギンくん

従業員を雇うようになったら給与計算も必要だから、将来的なことも考えておいた方がいいかなー?

自分にはどの会計ソフトが向いている?

freeeが向いている人

確定申告・会計初心者向き
確定申告とか簿記とかまったくわからないよ!
という人ほど使いやすい設計のfreee。

>>freeeのレビュー

逆に言うと他社会計ソフトを使ったことがある人には使いにくい可能性もあります。
たしかに入力画面などやや独特な部分はありますが、それは会計初心者に特化させたソフトを目指しているためです。

そのfreeeの考え方や流れに乗ることができれば会計作業を大きく効率化できるはず。

クラウド上でできることも多く、ネットを活用しながら事業を大きくしていきたいという人にもおすすめできる会計ソフトです。

ぼのぼーの
ぼのぼーの

一番初心者向けの会計ソフトは?
と聞かれたら迷わずfreeeを紹介しているよ!

マネーフォワードクラウドが向いている人

確定申告や簿記の知識が少しでもある人
マネーフォワードクラウドの使い勝手は今までの会計ソフトに近いです。
今まで他の会計ソフトを使ったことがある人なら、使ってみるとすぐに慣れるはず。

 

さらにプラスで様々なサービスのデータ連携に対応。

Amazon、楽天、BASE、Airレジなどなど。
web上にデータが集まる仕事(ネット販売など)をしている人はかなりの効率化が期待できます。

>>マネーフォワードクラウドのレビュー

ペンギンくん
ペンギンくん

消費税申告以外の機能はトップクラス!どちらかといえば会計初心者より経験者の方が使いやすいかな?

やよいの青色申告オンラインが向いている人

電話などしっかりサポートを受けたい人

やよいの強みは何と言ってもサポートの手厚さ。
料金も安い上にサポートもしっかりというのは安心感がありますね。

>>やよいの青色申告オンラインのレビュー

惜しいのがデータ連携・請求書作成など「クラウド上でできること」は他社に一歩劣ること。
とはいえそれ以外の部分では大きな差はありません。

ぼのぼーの
ぼのぼーの

料金面で一番メリットがあるのはやよいの青色申告オンラインだね。無料・割引期間も長いし基本プランの料金も安い!

 

ちなみに「やよいの白色申告オンライン」

こちらは白色申告に限りですが、永年無料で使えるクラウド会計ソフトです。
しかも使える機能はやよいの青色申告オンラインとほぼ同じ
白色申告の人はやよいの白色申告オンラインを使わないと損かも?

>>やよいの白色申告オンラインのレビュー

どうしても自分に合った会計ソフトがわからない!という人へ。

多くの人の会計ソフトの使い心地を聞いてきて思うのですが…
そもそも「会計」という作業には向き不向きがあると感じます。

会計に向かない人が自分で無理やりやろうとすると、膨大な時間と労力がかかります。

苦手な会計という作業をする時間を何時間も、何日も割くくらいなら。
割り切ってすべて税理士に委ねた方が、時間効率がいいケースも多いのです。

 

税理士に頼むとかなり高くつくんじゃ…と思うかもしれませんが、案外そうでもないです。
毎月の顧問契約を結ばず、「確定申告のみ」を単発でお願いすることもできますし。

税理士に依頼することで数十時間もの自由な時間が手に入るとしたら?
検討してみる価値はあると思います。

>>月額なし・相談料なし!リーズナブルな税理士さんをSHAREでチェック

まとめ

私は仕事柄「どこの会計ソフトがいいの?」と相談を受けることがよくあります。
そんなときは、その人の確定申告や会計に関する理解度をしっかりと聞いてからアドバイスをするように心掛けています。
この記事では多くの人に会計ソフトを勧める中で見えてきた、チェックすべきポイントをまとめています。

今から会計ソフトを選ぼうとしている人は、まずご自分の確定申告や会計に関する理解度を整理し、会計ソフトにどんな機能があったら助かるかなど、この記事でしっかりチェックしてみてください。

 
そして会計ソフトは何と言っても
「自分にとって使いやすいかどうか」
で選ぶのが大事!
各社無料おためし期間があるので、その間に使い勝手を確認しておきましょう。

 

このとき自分が使っている「ネットバンキング」や「クレジットカード」が会計ソフトときちんと連携できるか合わせてチェック。

どの会計ソフトを使うにしても、「自動連携」というクラウド会計ソフトのメリットは最大限活かしたいところですね。

 
まだちょっと迷っている人は、私のレビュー記事が参考になるかもです。

>>freeeのレビュー

実際にソフトを触ってみての感想を書いていますので、よかったら参考までに読んでみてください。

ではでは。

コメント