スポンサーリンク

しましまぐるぐるは3か月くらいからでも楽しめる!【パパと絵本】

しましまぐるぐるパパと絵本

自分の子にそろそろ絵本を読んであげたい。

赤ちゃんが生まれた友人に絵本をプレゼントしたい。

しましまぐるぐるは、0歳のころから楽しめる絵本です。

 

私も自分の娘たちに読んだことがあるのでちょっと感想をご紹介しますね。

赤ちゃんのはじめての絵本に向いてるかな?

パパ目線での感想ですが、気になったらちょっとだけお付き合いください!

 

ペンギンくん
ペンギンくん

赤ちゃん向けの絵本だね!

bonobo-no
bonobo-no

うん、3か月くらいからでも読める絵本かな。

0歳からの絵本ならこちらもおすすめ↓

 

スポンサーリンク

しましまぐるぐるってどんな絵本?

表紙はこちら。

赤ちゃんでもわかりやすい色

赤ちゃんでもわかりやすい絵

の絵本です。

 

登場するキャラクターもとってもシンプル。

この絵本で楽しむのはストーリーではなく、いろんな色や形。

  • 「しましま」は直線の絵
  • 「ぐるぐる」は輪っかの絵

たくさんのしましま模様、輪っか模様を見て楽しみます。

絵は赤ちゃんが認知しやすい配色や形にこだわっているので、初めての絵本にもピッタリです!

 

bonobo-no
bonobo-no

赤ちゃんには「顔」の形がわかりやすいみたいだよ。

ペンギンくん
ペンギンくん

それで絵本の中にも顔がたくさんあるんだね~。

 

実際に子供に読んでみると

さてさて我が家でももちろん読んでみましたよ。

ウチでは娘が6か月くらいから読んでます。

 

読み始めると…

 

うん、目はしっかり絵本を見てくれてますね。

 

まだ指差したり

あーとかうーとか言ったり

そこまでの反応というものはないですが。

 

ほんとは2,3か月の子でも笑ったりするらしいんですが、私の娘はそうでもなかった…

 

「絵本」というものをちょっとだけ認識してくれたかな?

絵本読み聞かせの入り口としてはちょうどいいのかな、と私は思いました!

 

しましまぐるぐるは丈夫な絵本

この絵本、実は熱いです。

じゃなくて厚いです。

 

ページ数は少ないですが、1ページ1ページがしっかりとした厚さになってます。

本の背表紙は2センチくらいはあるかな?

しましまぐるぐる一冊だけでも、立たせて置くことができるくらいしっかりした絵本です。

 

よって頑丈

破れる心配はほぼなし。

 

子どもが絵本を持ちたがっても、安心して渡してあげることができます。

地味ですがこういう「頑丈」というポイントは大事ですね。

 

まとめ

しましまぐるぐるはうちの娘たちも大好きな絵本です。

赤ちゃんが絵本というものにまだ慣れていなくても、この絵本なら反応してくれる可能性は高いですよ!

 

いろんな絵本と楽しい出会いがあるといいですね。

ではでは。

 

コメント