スポンサーリンク

相続に詳しい専門家は?相談するならどこがいいの?

いろいろ雑記

身内に不幸があり、相続が発生したときあなたはどうしますか?
また、相続が発生する前にいろいろ相談しておきたいこともあるかと思います。
もちろん自分で調べてできることもありますが、そのようなときは相続に詳しい専門家の力を借りたいと思うのではないでしょうか。

相続には残念ながら「相続士」のような専業の職業はありません。
相続の手続きはいくつもの種類があり、作成すべき書類も多岐に渡る場合があります。
相続の手続きは主に弁護士・司法書士・税理士が行いますが、それぞれ得意・不得意な手続きがあります。

ということで、まずはそれぞれの特徴をチェックしていきましょう。

相続で弁護士ができること

弁護士は相続にかかわらず、法律に関することであれば何でもすることができます。

よくあるのは相続で揉めているところに弁護士が登場して、相続人である依頼人の代わりに相続での取り分をなるべく多く主張するといったケースです。
テレビなどで見る「相続争い」とは、相続人の間でお互いに弁護士を立て、裁判を起こし泥沼化し長期間にわたって争い続けるといった構図になっていることが多いですよね。

弁護士が相続の案件を扱うのはこうした「揉め事」が起きている場合が多いです。

一つ気を付けたいのは、弁護士に相続で相談した場合には「相続人の間に立って話をまとめてほしい」というお願いはできないということです。
弁護士は依頼人の利益を最大化するように動くため、依頼人の他の相続人とのバランスを考えながら話の決着を付けるということはできません。
弁護士が登場すると他の相続人が驚いてしまいますので、相続が揉める前であればいきなり弁護士に相談しなくてもいいでしょう。

相続で司法書士ができること

司法書士が得意としているのは「登記」の分野です。

相続財産に不動産が多く、名義変更などの登記が多く発生する場合は司法書士に相談するのが適しています。
成年後見人や家族信託などの登記も扱っているため、相続準備の段階で相談してみるのもおすすめです。

揉めている相続は弁護士の分野になるため司法書士は適していませんが、相続で揉めておらず相続税もかからないくらいの財産であれば司法書士に相談してみるのがよいでしょう。

相続で税理士ができること

相続において税理士にしかできないことは、「相続税の申告」です。
相続税が発生するとわかっている場合であれば、最初から税理士に相談すべきです。

相続が発生した場合には様々な出費が想定されますが、その中でも一番割合が多いのは相続税であることが多いです。

税理士に相続を相談した場合、まず「相続税はどれくらいかかるか」という視点からスタートします。
相続に関わる人の気持ちや思いはひとまず置いといて、少しドライですが数字の話から始まります。
そして、相続税の負担が少なくなるような財産の分け方と、相続にかかわるそれぞれの方の思いのバランスを取りながら調整していきます。



パターン別相続で相談すべき専門家

弁護士・司法書士・税理士ともそれぞれの得意分野があります。
一口に相続と言ってもいろいろなパターンがありますが、ざっくりと分けるなら

・相続が揉めてしまっている場合 → 弁護士
・相続税は発生せず財産に不動産が多い場合 → 司法書士
・相続税が発生し相続税の負担を少しでも減らしたい場合 → 税理士

のようになります。

相続で不安に思うことがあれば、上記のような専門家に早めに相談しておきましょう。

相続発生前と後ではできることの数が全く違います。
相続の問題や対策を考えるのであれば、必ず相続発生前に相談しておく必要があります。
それに、いざ相続が発生した場合それぞれの手続きには決まった期限があるため、あまりじっくりと時間をかけて考えることはできません。

信頼できる専門家を見極めるためにも、生前から相続のことを考えて行動しておきたいですね。

コメント