スポンサーリンク

【人に教えることの難しさ】新入社員への指導の仕方で悩みぬいた3か月

人に教えることの難しさいろいろ雑記

私の勤務先の会社に入社してきた新入社員の彼。

なかなかクセのある彼にどう接し、指導していったらいいか?

私が会社の出来事の中で今一番悩んでいるテーマです。

 

ひとまず現時点での私の思考を整理するため、一つの記事にしてみることにします。

この記事を読んでも、私と同じようなことで悩んでいる人以外は得るものはありません(笑)

だって私が自分自身に向けて書いた記事ですからね。

 

それでも読みたい人だけお付き合いくださいね。

途中退室もOKです。

 

この記事の続きはこちら

 

スポンサーリンク

新入社員の彼の成長

4月入社の彼も、約3か月が経った。

仕事のやり方などはある程度慣れてきたようだ。

 

「何かを覚えるためにはメモを取る」

新入社員というか、新しいことを学ぶためには重要なことだと私は思っている。

(考え方が古い部分もあるのかもしれないけど)

 

だけども入社直後の彼は最初まったくメモを取らなかった。

何故だろう。

その理由は本人しか分からない。

 

どうやらパソコンの「メモ帳」の機能の中には少しメモを残しているようだ。

うん、それはそれでいいと思うんだ。

なくならないし、あとで検索もできるし。

修正も楽だよね。

私もメモ帳の機能は使っているし。

便利なことは分かる。

 

ただ、教える側の立場としてはやっぱり目の前で「紙」にメモを取ってほしい。

アナログな指導かもしれないけどね。

 

私や周りの先輩方がとにかくメモを取るよう、何度も何度も彼に指摘を続けた結果、やっと最近メモを取るようになった。

 

ちょっと安心した。

 

メモってね、自分が覚えるためだけに取るんじゃないんだよ

相手にメモを取っているあなたの姿を見せることで、安心感を与えるんだよ

 

私はこう伝えて来たけど、それが正解だったのかどうかは分からない。

とにかく彼がメモを自発的に取るようになったのだから、それは大いに歓迎するべき出来事だ!

 

新たなる問題発生

…しかし。

メモを取り出してから数日後、また新たな問題が発生。

彼の隣の席のパートの女性が、声を荒げて彼に何かを話している。

 

「仕事ヒマなの?することないの?」

 

たしかこんな感じの言葉が聞こえてきたが。

私はビックリした。

その女性は普段そんなことは絶対に言わないような性格の人だ。

 

私も入社したとき、その女性からいろいろ教えてもらったことがあるからよくわかる。

いつも落ち着いていて、仕事は早く、物腰はとても低い。

もちろん質問には丁寧に答えてくれる、とても素敵な人だ。

 

そんな人が今回かなり厳しめの言葉を彼に発したのだ。

私はビックリした。

 

 

後で彼女は私にその出来事の経緯を、自分から話してくれた。

 

話を聞くと。

新入社員の彼はそのときインターネットを開いて調べ物をしていたようだ。

その時間は約30分ほど。

…調べものをする時間としては、ちょっとじゃない、異常なほど長い。

 

何を調べていたのかと聞くと、まったく大した内容ではなかった。

他の誰かに聞けば一瞬で解決するような内容だ。

 

それに30分もの時間をかけている。

他のページを見ていたんじゃないかなど、悪い方向に考えるとキリがない。

 

彼女は以前から彼の仕事ぶりには思うところがあったこともあり、今回はつい厳しめの言葉をかけてしまった、と私に教えてくれた。

 

なるほど。

ずっとパソコンを眺めているだけじゃ、そりゃ仕事をしてないに等しい。

私が同じ立場でも、もしかしたら同じような言葉をかけていたかもしれない。

 

彼の仕事ぶり、勤務態度は以前からいろんな人が気にしている。

内容はいろいろ。

1つ2つじゃない。

 

みんな見てないようで結構見ているんだよね。

彼はそのことにどこまで気が付いているのかな。

 

私が彼に教えられること・教えられないこと

私も彼について気になったことは本人に直接伝えている。

もちろん全部が全部ではないけれど。

メモの件など良い方へ向かったものもある。

 

とにかく私にできるのは、彼が自分で問題に気づき、自発的な行動をとれるようになるまでのサポートをすること。

 

 

実は私は「仕事が遅い」「精度が低い」ことはあまり問題視していない。

(もしサボりとかあればもちろん別ですが)

彼にとって今一番問題なのは、「質問や相談ができない」ことだと思っている。

 

さっき見たネットで延々調べ物をする行為もそのひとつ。

彼は上司や先輩に全く相談をしない訳ではないが、その頻度は正直かなり少ない。

自分が相談をすると相手に迷惑がかかる、とでも思っているのかな。

だとしたら早めに誤解をといておかないとね。

これは早めに確認してみよう。

 

入社して3か月。

彼はまだまだ分からないことは山ほどある段階。

今の彼が一人でできる仕事はほぼ無いはず。

 

だから、必然的に質問や相談は多くなるはずなんだ。

そのハードルを高く感じているのなら、その高さを下げてあげないとね。

せっかく優しい上司や先輩に囲まれているんだから。

 

頼まれた仕事が指定日までにできないことだってある。

そんなとき黙って一日遅れで仕上げるんじゃなくてさ。

「ちょっと間に合いそうにないんですが、もう一日待ってもらっても大丈夫ですか?」

なんて相談してくれたらな。

 

私は「仕事がデキる人になるための方法」なんて絶対に教えられない。

でも「仕事がうまく行かないときの対処の仕方」なら自信を持って教えられる。

 

だから。

いろんな人に質問することを覚えて。

いろんな人に相談することを経験して。

 

何か問題が発生したとき「これは誰に相談したらいいか?」ということを考え、すぐに動くことができる。

そんな人になってほしい。

 

相談すべき人に正しいタイミングで相談することができていれば。

たいていのことは何とかなる。

自分がどう動けばいいかという答えが見えてくる。

 

そこさえ押さえておけば、きっと大丈夫。

みんながあなたの味方になってくれる。

助けてくれる。

 

大丈夫。

大丈夫だよ。

 

彼の成長=私の成長

彼の成長のサポートができるなら、私の役割は嫌われ役だっていい。

もちろん指導するときの言葉は慎重に選ぶようにしているけど。

…厳しめの言葉をかけざるを得ないないときもある。

 

人に何かを教えるって難しい。

だけど、私にとって重要な経験でもある。

会社で後輩に教えた経験から学んだことは、家庭で子どもたちへ教育をする際役立つ部分もあるはず。

もちろんその逆もしかり。

 

会社の先輩社員として、家庭で子供たちの父親として。

私がレベルアップをするためにも。

しっかり取り組んでいく必要がある。

 

一緒に成長していこう。

新入社員の彼と。

 

コメント