【マネーフォワードクラウド】その口座連携OK?事前にチェックする方法

マネーフォワードクラウドマネーフォワードクラウド

さてマネーフォワードクラウドの登録完了っと。

銀行口座やクレジットカードをマネーフォワードクラウドに繋げてラクラク会計を目指すぞー

…ってアレ?マネーフォワードクラウドと同期できないモノもあるの…?

 

はい、そうです。

クラウド会計ソフトの最大のウリでもある

「銀行口座やクレジットカード情報を取り込める機能」

これを使うことができる銀行口座やクレジットカードって全部が全部じゃあないんですね。

マネーフォワードクラウドにだって連携できるもの・できないものがあります。

 

ということで

マネーフォワードクラウドで連携できる銀行口座は?クレジットカードは?電子マネーは?

調べてみました!

※この記事を書いている2020年4月時点でのデータです。

 

 

bonobo-no
bonobo-no

ネットの世界は日進月歩。

ペンギンくん
ペンギンくん

今の時代スピード感は大事だね。

スポンサーリンク

マネーフォワードクラウドが連携できる口座

全ての金融機関を載せるとものすごいボリュームになるので断念・・・スミマセン。

以下はマネーフォワードクラウドログイン後のページのスクショです。

 

マネフォ画面

 

赤枠の部分を全部合計すると…法人・個人口座合わせて全2906件もありました!

ネット銀行や都市銀行など全国規模の銀行はもちろん、地方銀行にも対応しているようです。

 

地方銀行に関しては、正直あまり対応していないのかな…と思っていましたが。

私の住んでいる県を見てみると信用金庫や信用組合までしっかりカバーしていましたよ。

 

だいたいの銀行は連携できる、と思ってよさそうですね!

 

ペンギンくん
ペンギンくん

オンラインバンクっていろいろ便利だよね!

bonobo-no
bonobo-no

う、うん(あまり使いこなせてないけど)

スポンサーリンク

マネーフォワードクラウドが連携できるクレジットカード

こちらもマネーフォワードクラウドのスクショ。

マネフォ画面2

 

ちょっと見にくいですが全144社でした!

ちなみにカードの種類にすると340種類。

主だったクレジットカードはカバーしている印象です。

 

ちなみによく比較対象とされるfreeeは138社とほぼ互角。

少し前まではマネーフォワード優位な感じでしたが、このあたりはあまり差がなくなってきました。

 

あ、あと

事業の買い物はAカード

ガソリン代はBカード

ETCはCカード

みたいに使い分けている人はちゃんと全部チェックしておくのを忘れずに。

 

ペンギンくん
ペンギンくん

おれのターン、ドロー!

bonobo-no
bonobo-no

それ違うカードね。

 

マネーフォワードクラウドが連携できる電子マネー・その他サービス

もちろんマネーフォワードクラウドのスクショ。

マネフォ画面

・・・見にくいですね(汗)

ということでみんなが気になりそうなポイントを絞って見ていきましょう。

 

上の画面にもある電子マネー・プリペイドは85件

  • LINE Pay
  • 楽天edy
  • nanaco
  • WAON

などはOK。

 

…おっと。PaypayはNGのようですね。

うーんなぜ電子マネーといえばのPaypayがだめなのか。

ちょっと残念。

 

サービス連携は35件

  • アメリカンファンディング
  • クラウドクレジット
  • クラウドバンク
  • コムストックローン(日証金)
  • ScanSnap
  • スマートレンド
  • ふるさとチョイス

などなど。

…私はあまりこのカテゴリにはなじみがないのでここはサラッと(汗)

 

通販で連携できるものは13件

  • ASKUL
  • LOHACO
  • Amazon.co.jp
  • Yahoo!ショッピング
  • 楽天市場
  • ラクマ

などなど。

 

Amazon、Yahoo!ショッピング、楽天の3社を抑えているのはポイント高し。

ネットでの買い物が多い人も安心です!

 

ビジネスで連携できるものが45件

  • Amazon.co.jp (出品者アカウント)
  • クラウドワークス(受発注)
  • PayPal
  • もしもアフィリエイト
  • もしもドロップシッピング
  • Yahoo!ショッピング(出品者)
  • ランサーズ

などなど。

 

通販サイトに出品した場合のデータも連携できるんですね。

自作アクセサリー販売やせどりなど、ネット販売をしている人は年間何度も出品を繰り返すためそのデータが連携できるというメリットは大きいはず。

いちいちエクセルとかを使ってデータを別で管理しなくてもいいとはスゴイ。

 

bonobo-no
bonobo-no

ネットで明細が見られる系のサービスはだいたいOKな感じかな。

ペンギンくん
ペンギンくん

もうそういう時代がやってきたんだね・・・

スポンサーリンク

マネーフォワードクラウドは一度登録しないとデータ連携対応サービスが確認できない?

マネーフォワードクラウドに限ったことではないのですが、データ連携ができる金融機関や各種サービスは定期的に増えていっています。

そのため

今現在どのサービスに対応しているか?

ということを正確に調べるには一度マネーフォワードクラウドに登録して、ログイン後のページで確認するしかないようです・・・。

(自分が探しきれてないだけかもしれませんが)

 

ちょっと不便ですね。

 

マネーフォワードクラウドを使うときは一番初めに連携可能口座などをチェックしておくのを忘れずに。

マネーフォワードクラウドには無料おためし期間もあるので、その間に連携がうまくできるかどうかは確かめておく

これ、大事です。

 

そしてもし自分の使っている口座やクレジットカードがマネーフォワードクラウドと連携できなかった場合の手段は3つ

 

  1. 手動でCSVファイルの明細をアップロード
  2. ポチポチ手入力
  3. あきらめる

 

こんな感じ。

 

1の明細アップロードはマネーフォワードクラウド公式もおススメの方法。

実はマネーフォワードクラウドとデータが直接連携できなくても大丈夫なのです。

口座やクレジットカードの明細データをCSVファイルで取得 ➔ マネーフォワードクラウドにアップロード でOK。

データを直接連動させるのではなく一旦CSVファイルの形にする、というワンクッションを置けばなんとなかるってことですね。

参考:マネーフォワードクラウドサポートページ

 

2の手入力はケースバイケースで。

明細データを直接手入力するのは面倒ですが、件数が少ないならアリかなとも思います。

時間をかけて手でひとうひとつ入力するということは、それだけ頭に入ってきますし。

いついつどんな出費があった、入金があったなど情報が自分の頭の中に残りやすくなりますからね。

事業の現状分析や今後の戦略を立てることに役立ちます。

 

・・・まあ「手を動かして覚える」って今ではちょっと古いやり方かもしれませんが(汗)

 

3はあきらめて他の手を考えてみる。

他の会計ソフトを探す自作エクセルでがんばる、代行してくれる税理士に頼む、などなど。

あ、あと一時的に「待つ」のもアリですね。

マネーフォワードクラウドが連携できるサービスは少しずつ増えていますので、自分が使っているサービスが対応になるまで様子を見てみるとか。

 

ペンギンくん
ペンギンくん

これ以上まだ増えるのかな?

bonobo-no
bonobo-no

新しいクレジットカードが出現する度に追加は検討されるんじゃないかな。

スポンサーリンク

まとめ

ということで整理してみますと

マネーフォワードクラウドと連携できるものの種類は・・・

 

  • 銀行口座 ➔ 2906件
  • クレジットカード ➔ 144社・340種類
  • 電子マネー・Webサービス ➔ 合わせて178件

この記事を書いている2020年4月でこんな感じ。

 

改めて調べてみると、連携できるサービスは1年2年前よりかなり増えてきたんだなーというのが率直な感想です。

今後も順次対応サービスは追加されていくはずですので期待は大きいですね。

 

うんうん

便利な時代になったもんだ。

レシートや通帳から1件1件入力していた時代はもう大昔のことになっていくのかもしれませんね。

 

ではでは。

 

コメント